生ごみぐるぐる NPO法人シティズンホームライフ協会
生ごみぐるぐる(食循環型社会を広げる活動)の広がりを目指して活動。その活動が関わる生ごみの堆肥化・有機農家による利用。生産物の市民利用この環を広げる活動

最新記事



最新コメント



プロフィール

NPO法人シチズンホームライフ協会

Author:NPO法人シチズンホームライフ協会
FC2ブログへようこそ!
「生ごみぐるぐる」を実現しよう!!
NPO法人シティズンホームライフ協会
 小寺悦子 ( nyagorek@mba.nifty.ne.jp ) まで連絡を!



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


金星の太陽面通過が2004年に続いて観察されるよ。6月6日だよ

金星と木星と月が仲良く並ぶ夕方の空を眺めた人

たくさんいたよね。

月が真ん中に割り入ったり、裾につきあったりと面白かった。

ちょうど大阪では天候がよくてとてもよく見えたよ。

5月21日には、日食を見ることができるよ 。金環食だそうだ。

それから、 6月6日には、金星の太陽面通過を見ること、これは
肉眼では難しいが、望遠鏡で見ることができるよ。

今年は本当に色々な天体ショーが楽しめるね。

ところで、金星の太陽面通過を観測して何か面白い???

ハレー彗星に名を残したハレーさんは、地球上の2カ所から
同時に金星の太陽面通過を利用して太陽と地球の距離および
太陽の大きさを観測することを提案したそうな。

金星の太陽面通過は100年くらいに2度しか起こらないから
この方法を利用して太陽の身体測定をするのは大変だけど、
実際に1761年と8年後の1769年に観測が実施され、
61年にはうまくゆかなかったそうだが、69年には一応成功した
そうだ。

その次の機会の1874年には、 日本の長崎、神戸、横浜で
アメリカ、フランス、メキシコの観測隊が観測したそうだ


日本で金星の太陽面通過が明瞭に観測できたからでしょう。

神戸での観測は、長崎での観測が天候条件が不十分の可能性が
予測できたために、フランス隊は2班に分かれて行われ、長崎は
予想通り観測が十分できなかったのに、神戸では観測に
成功したそうだ。

神戸のどこで行われた??? 

そんなん、 金星台(諏訪山公園) に決まってるヤン
 近くにビーナスブリッジもあるところや。

フランス隊は、世話になったお礼に観測に使った望遠鏡を
当時の御影師範に寄贈したそうや。

それ、その後どうなったン????

ズーと御影師範の後継大学の神戸大学教育部に保管
されていたんや!!!

今も教育学部の改組でできた神戸大学発達科学部に
眠っているそうや。
日本に来てから(製造は米国製)、約140年も過ぎて
いるのに、きっとまだまだきれいだと思うよ。
ただし、レンズは汚れていると思うよ。

       文責  小寺悦子
資料
1.金星の日面通過 yahoo geocities
2.金星の太陽面通過-その観測記念碑を訪ねて
     西条敏美(徳島中央高校)
3.神戸における金星日面通過観測
4.金星の太陽面通貨明治の宇宙ショー観測
   120年前の天体望遠鏡
   産経新聞H.6年 7月 22日朝刊
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://namagomiguruguru.blog52.fc2.com/tb.php/76-14143d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。