生ごみぐるぐる NPO法人シティズンホームライフ協会
生ごみぐるぐる(食循環型社会を広げる活動)の広がりを目指して活動。その活動が関わる生ごみの堆肥化・有機農家による利用。生産物の市民利用この環を広げる活動

最新記事



最新コメント



プロフィール

NPO法人シチズンホームライフ協会

Author:NPO法人シチズンホームライフ協会
FC2ブログへようこそ!
「生ごみぐるぐる」を実現しよう!!
NPO法人シティズンホームライフ協会
 小寺悦子 ( nyagorek@mba.nifty.ne.jp ) まで連絡を!



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月31日 東大阪食品リサイクルセンター見学会のお知らせ

東大阪食品リサイクルセンター見学会


日  時 : 5月31日(木)11時から12時
場  所 : 東大阪食品リサイクルセンター
        (辰巳環境開発株式会社)         
       http://tatsumikankyou.com/sub5.html
       東大阪市水走3丁目12番46号

この会社は
    「豊かな実りを未来の地球へ。
      食品廃棄物の再生利用で循環型社会をサポート!!」
 

をモットーにして、
スーパーなどの食品廃棄物を再生資源(堆肥)化しておられる企業です。

大阪にある同様の企業は、南港にあるリサイクル企業団地内の2企業の他には、
枚方にある1企業くらいです。

今後このような企業が発展して多くの府内食品廃棄物がリサイクルされることを
望んでいる。

見学を希望される方は、FAX 072-953-7998 小寺
までご連絡ください。(TEL 072-953-7998)

本年度第1回理事会報告

本年度(2012年)第1回理事会を4月19日に開催。
その報告

                    NPO法人シティズンホームライフ協会 
                            代表理事  小寺悦子         
2012年度第1回理事会報告

開催日時: 4月19日(木)18時25分~20時35分
場所: 法人事務所 ((株)エコビジョン内)
      大阪市中央区平野町1-7-1
 出席者: 理事6名
      理事総数は10名。過半数の出席で理事会は成立
議  題:

1.総会開催の件
 日程は 5月31日(木)午前と午後
     11時~12時 
     辰巳環境開発株式会社の東大阪食品リサイクルセンター見学
     昼 食
     14時~16時30分 講演と総会
     講演「大阪における食品廃棄物リサイクル」
     辰巳環境開発株式会社 辰巳 秀司氏
     
2.平成成23年度事業および会計報告。
  総会資料としてご報告する 

3.平成24年度事業計画として小寺提案を議論

    詳細は追記に。

4.法人ブログの発信をもっと工夫するべし       

   

                             以上
[続きを読む]

金星の太陽面通過が2004年に続いて観察されるよ。6月6日だよ

金星と木星と月が仲良く並ぶ夕方の空を眺めた人

たくさんいたよね。

月が真ん中に割り入ったり、裾につきあったりと面白かった。

ちょうど大阪では天候がよくてとてもよく見えたよ。

5月21日には、日食を見ることができるよ 。金環食だそうだ。

それから、 6月6日には、金星の太陽面通過を見ること、これは
肉眼では難しいが、望遠鏡で見ることができるよ。

今年は本当に色々な天体ショーが楽しめるね。

ところで、金星の太陽面通過を観測して何か面白い???

ハレー彗星に名を残したハレーさんは、地球上の2カ所から
同時に金星の太陽面通過を利用して太陽と地球の距離および
太陽の大きさを観測することを提案したそうな。

金星の太陽面通過は100年くらいに2度しか起こらないから
この方法を利用して太陽の身体測定をするのは大変だけど、
実際に1761年と8年後の1769年に観測が実施され、
61年にはうまくゆかなかったそうだが、69年には一応成功した
そうだ。

その次の機会の1874年には、 日本の長崎、神戸、横浜で
アメリカ、フランス、メキシコの観測隊が観測したそうだ


日本で金星の太陽面通過が明瞭に観測できたからでしょう。

神戸での観測は、長崎での観測が天候条件が不十分の可能性が
予測できたために、フランス隊は2班に分かれて行われ、長崎は
予想通り観測が十分できなかったのに、神戸では観測に
成功したそうだ。

神戸のどこで行われた??? 

そんなん、 金星台(諏訪山公園) に決まってるヤン
 近くにビーナスブリッジもあるところや。

フランス隊は、世話になったお礼に観測に使った望遠鏡を
当時の御影師範に寄贈したそうや。

それ、その後どうなったン????

ズーと御影師範の後継大学の神戸大学教育部に保管
されていたんや!!!

今も教育学部の改組でできた神戸大学発達科学部に
眠っているそうや。
日本に来てから(製造は米国製)、約140年も過ぎて
いるのに、きっとまだまだきれいだと思うよ。
ただし、レンズは汚れていると思うよ。

       文責  小寺悦子
資料
1.金星の日面通過 yahoo geocities
2.金星の太陽面通過-その観測記念碑を訪ねて
     西条敏美(徳島中央高校)
3.神戸における金星日面通過観測
4.金星の太陽面通貨明治の宇宙ショー観測
   120年前の天体望遠鏡
   産経新聞H.6年 7月 22日朝刊


レジ袋は本当に環境に悪いの?第3段

前回世界のレジ袋削減の取り組みを伝えました。

その際、日本は国として何もしてないのはなぜかと
問いかけました。

1月14日の「大阪市ごみ減量市民フォーラム」で
(コーディネーター 浅利美鈴京都大環境化学センター)
ごみから見つめる私たちの暮らし
  ”レジ袋は本当に環境に悪いの?”
 (講師 舟木賢徳氏)
の際、
 「なぜ日本は国として何もしてないのか」 を質問しました。
 会場から、その答えが返ってきました。
 
 その答えを、大胆に集約しますと;
1)日本の議会は大企業を向いているから、
   その意向に逆らえない。だから変な(まともな)規制を
   かけることができない!
(2)各種審議会が行政・議会からの問題審議に付随して
   設けられているが、審議会メンバーの学者等が情報量・
   ディベート力でお役人に対抗できていない

 なるほどと思いました。

  やはり私ども市民も的確な情報を手に入れ、ディベート力を
 鍛えなければならない。
 
   
   
   <行政に対抗できるように鍛えよう>

 この事は行政を敵視することではない。
 ともに思考してベターな方向を探るプロセスであろう。   

     頑張ろうねぇ!!!!



レジ袋ってそんなに悪人???

”レジ袋は本当に環境に悪いのか ”  
前回のブログで舟木賢徳氏の講演から、一部をお伝えしました。

今度は、レジ袋削減に関する世界の動きを小寺と一緒に参加した
羽曳野市婦人団体協議会生活環境部部会長塚本美幸さんの報告を
転載します。

   最近のレジ袋規制の動き ~ 海外 ~

イタリア: 1989年クジラの漂着事件をきっかけに、プラスティック袋への
       課税制度。
        2011年1月より、イタリア全土でビニール製レジ袋の配布禁止。
       自然素材の布のバッグや真美製袋使用を義務づける
ドイツ : ごみ処理有料化。レジ袋19円前後で有料化されている。5割以上の
       買い物袋持参率。ただし問題点は使い捨てがなくならないこと
スイス : ごみ処理費前払い税。 レジ袋は10~20円で有料化
デンマーク : レジ袋は35円前後で有料化。袋持参率は4割前後
イギリス: レジ袋をリサイクル
フランス: 有料のレジ袋は無料交換。約4円で有料化すると袋持参率は5割、
       10円では8割、20円でやっと持参率は10割になる
台湾  : 法律で0.006mm未満のレジ袋の配布禁止。
       それ以上は有料配布を認める(1枚約3.5円)67.9%の削減効果
       問題点 ①小規模店舗はレジ袋規制免除 
           ②ダンボールや紙袋の配布増加
アイルランド : レジ袋1枚約21円のレジ袋税。罰金約24万円または最長12ヶ月懲役
       90%の削減効果。問題点は紙袋の消費増加
アフリカ: 2007年薄いレジ袋の製造・販売禁止(厚いレジ袋は税金で)
       (ウガンダ、ケニア、ルワンダ、タンザニア、ザンジバル島、エリトリア)
       ルワンダ゙空港ではレジ袋は没収。その理由は;
       ① ブッシュや木にまとわりつき景観と植物の生育を阻害
       ② 捨てられたレジ袋に水が溜まり、マラリア蚊の温床に
         なっている
       ③ 家畜・野生動物が誤飲する
バングラディシュ:
      2003年、れじふくろの製造・販売・使用禁止。違反者には罰金・懲役
       代わりにジュートの袋を使用      
       (12年前、一人の記者が大量のレジ袋が排水路の口をふさいで、
        町の洪水の原因となっている所を目撃)
アメリカ: アメリカのレジ袋使用量は世界一。年間1千億枚以上使用。
       2007年11月よりサンフランシスコがレジ袋配布を禁止。繰り返し使える布か
       リサイクルできる紙袋か生分解可能な袋だけOK。
       違反1件につき500ドルの罰金。2010年7月よりロスでレジ袋配布禁止
中 国 : 2008年6月より品質の悪い0.025mm以下の薄いレジ袋の生産・販売・
       使用を禁止。違反者には約15万円の罰金。スーパー・市場でレジ袋
       1枚約3~5円。有料化の効果は2009年6月レジ袋66%、400億枚の削減
韓 国 : レジ袋(ビニール袋)返却換金制。
       1997年1月から客がレジ袋を望む場合、1枚50ウォンで販売し、袋返却
       した場合50ウォン返金。返却された中古のレジ袋でよい場合は20ウォン
       で販売。これを使用した後返却した場合は50ウォン返金。このレジ袋は
       3回程度使用可能。
       制度実施前のレジ袋使用量は1日1万枚以上にのぼったが、実施後は1日
       平均439枚。節約費は生活必需品の割引販売(一定期日に実施)や
       福祉施設の支援など社会還元された。 

  世界では、欧州・アフリカ・アジア・・・と色々な取り組みを進めている。
    では、日本はどうだろうか       
      地域的に取り組んでいる所はあるが、
         国全体としてはなにもしていない 。     なぜだ????!     


「たかがレジ袋1枚」 ってホンと??!!

よい新年をお迎えになりましたか。

1月も半ばになっての新年のご挨拶です。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
(NPO法人シティズンホームライフ協会代表理事
               小寺 悦子)

1月14日午後に開かれた

大阪市ごみ減量フォーラム 
連続講座「ごみ」から考える私たちの暮らし

第3回 ”レジ袋は本当に環境に悪いの?”  
       主  催 大阪市
       企画運営 NPO法人ごみゼロネット大阪

に参加しました。

小寺は、羽曳野市婦人団体協議会のメンバーであり、
その中の生活環境部会(メンバーは12,3人)の一員でもあます。

この生活環境部会は、7,8年前からノーレジ運動を続けており、
レジ袋削減問題に特に関心を持っています。

それで、部会長の塚本美幸さんとともに上記フォーラムに
参加しました。

基調講演 「レジ袋 は本当に環境に悪いの?」 
舟木賢徳氏が
(舟木環境経済政策研究所所長 著書「レジ袋の環境経済政策」)
レジ袋問題を総合的にとらえて話をされた。

舟木氏がレジ袋問題に関わられたきっかけは

NHKの番組で、
 クジラやカメがなぜレジ袋を食べるのか?  のクイズで
 クラゲと間違えるから
あるいは、太平洋の島 アホウドリがひなに与えるものに
プラスティックのボールや破片、100円ライターなど
があることに注意を引かれ、

   大量の生物分解できないプラスティック、
   特にレジ袋に危機感を持った
 
 からだそうです

舟木氏は、レジ袋の問題点として; 
     使い捨ての象徴 
 ①レジ袋の無料配布がレジ袋の乱用を促進
 ②無料配布が市民の環境意識の荒廃を招く
 ③レジ袋が使用されるのは数十分のみ
 ④風に飛散しやすい、景観を破壊
 ⑤植物に絡み、土砂に埋もれ拾うのがやっかい
 ⑥生物にとって死に至らしめる危険な代物
 ⑦焼却炉では高温で燃えて炉を傷める
 ⑧埋め立て地ではプラスティックの添加剤が環境を汚す
 ⑨リサイクルがほとんど進んでいない
を挙げておられました。
特に舟木氏がいちばん強調されたのは、⑤の生物への影響でした。

小寺がいちばん関心を引いたのも、
 ①や②はもちろんだが、⑥の生物にとって死に至らしめる危険な代物 である。

今、人間は地球上でのさばりすぎている。

この意識を私たちはお互いに共有しなければならないと考えている。

卑近例だが、犬や猫のような愛玩動物たちも、人間の都合のみで
色々とつらい思いをしている。
これなども元はと言えば人間の勝手が原因の事が多い。

彼らも地球上で生きているのだ!!
彼らが自分から進んでこの世に生まれ、生きているわけではない。

舟木さんは、散乱ごみの中の組成、歩道に落ちている散乱ごみ、
ウミガメの食べているいろんなもの、マダライルカの胃の中、
奈良公園の死んだ鹿の胃の中から出てきた異物を紹介し、
どれくらい生き物に迷惑かを伝えておられます。

次に、
1)レジ袋の製造・消費に関する基礎的データはどうなっているか。
2)レジ袋削減運動に関するデーター
3)世界におけるレジ袋規制状況
4)容器包装リサイクル法の問題点
5)レジ袋を減らすのに有効なのは??
を報告された。
 



大阪府民牧場の羊・山羊・ウサギを飼ってよ!!!

11月27日、おおさか府民牧場(能勢町)にゆきました。
(総勢6名。ネパールのMinuさんも一緒でした)

ここは来年3月末をもって閉鎖されるそうです。
   (今年10月の府議会で決定)

10時の開場を待って入場し、ひつじやアルパカのかわいい姿を
眺めながら事務所に行き、中井氏(業務課長)にお話を聞きました。

牛の行く先は既に決まっているが、ひつじや山羊・ウサギなどは
まだ決まっていないとのこと、殺処分はできないこと、ひつじなどは
無償提供であること、閉鎖後は建物などすべて取り壊すあるいは撤去する
こと等でした。

ひつじたちは牧場広場に放し飼いされており、入場してきた子どもたちからえさを
もらっていました。子どもがえさを与えながら走って逃げるとひつじ達もすごい早さで
追いかけていました。早く走るものですね!!!

アルパカはかわいいですね。アルパカの引き取りは無償ではないよ!!

牧場の柵、建物など、壊してしまうのはまったくもったいないと思いました。

引き取りたい人には、その機会を与えてほしいと思います。
(そういう情報を府は公にしてほしいです)。

そして、動物のことも、もっと広く情報を流していただけると有り難いです。

私たちは動物を手に入れたらどうする?

穂谷自然農園(枚方市)で飼うことを検討してはどうかとの話が出ています。

それで府民牧場を見た後、穂谷地区へ向かい、耕作放棄地を見て回りました。
 (飼える場所探し)

この地区では(小山になっている)、以前は、山の上まで棚田になっていたそうです。
今は、雑木林になっています。

穂谷に向かう前に、能勢町地黄にある古嶋商店(株)に寄り、間伐材や端材を
チップ化して堆肥にしている現場を見学した。

間伐材などをチップ化する大型機械(すぐれもの)は、あちこちに出かけて、
開発地などで活躍しているとのこと。

チップ堆肥製造は5年かけており、それより短いと土壌改良材として問題を起こす
場合があるとのことでした、積み上がった小山の頂上付近からは湯気が立ち上って
おり、麓の方でも中にぐーっと手を突っ込むとかなり温度は高かった。

  古嶋商店(株) 代表取締役 古嶋二郎
         大阪府豊能郡能勢町地黄118-2 
         TEL 072-737-1038
         FAX 072-737-2007
     委託栽培をすることができます。
     今は一汁二菜さんや豊中商工会議所さんが利用しておられます。
     栽培は、地元の農家の方が受けおっておられます。

府民牧場にゆきます。その後、穂谷地区の土地を見ます

  11月27日(日)に能勢にある府民牧場に動物を見に行きます 

  府民牧場は、この10月の大阪府議会で廃止が決定しました。
  (来年3月末で閉鎖)

  跡地の一部は、能勢町の小、中学校を各統合して作る新しい学校の敷地と
  して利用されるそうです。また、教育関係に利用する以外の部分は
  「まきばエリア」としての利用が進められるとのことです。

  いずれにしろ、すべての動物が「まきばエリア」で継続して飼育されるかどうか
  等を調べに行こうと思います。

  もし、一緒に見にゆきたいと思われる人は小寺に連絡してください。
    e-mail  nyagoek@mba.nifty.ne.jp
  FAX & TEL 072-953-7998

  その後、午後に枚方の穂谷自然農園へ行き、土地を見ます。
  豚が飼えるか、他の動物が飼える等の土地に適しているかどうかを
  見るためです。


  
 



エコフィードによる養豚事業を見学したよ。その報告。

エコフィードによる養豚事業所を見学しました
  その報告


 11月8日、大阪府泉佐野市上之郷にある関紀産業(有)を見学しました。

 13時20分にJR阪和線日根野駅集合、2台の車に分乗して、現地に到着。
   (場所は、阪和自動車道の上之郷出口すぐ)

 それからが大変!! 何が??  

見学には、悪い菌などをシャットアウトするために、全身を覆うカッパを
 着て、長靴に履き替えました。
 この夏に見学を申し込んだ所、暑いと大変だからと断られた理由が分かり
 ました。
 関紀産業(有)のあらましは、6月4日開催のシンポジウム
  「大阪で食品循環資源再生利用をどう進めるか」での報告から。
     無題1-1
   
     無題-3

     
まずは、繁殖室を見学した。まさに母豚が出産している瞬間を見ることができた。

       ラッキー!!! 
 横になった母ぶたはまったくでっかい。母ぶたは苦しそうにうなりながら頑張っていた。
 子犬くらいの赤ちゃんブタは生まれてすぐにへその緒をつけたまま動き回っておっぱいを
 探して吸い付いていた。なんとなんと。

次に、エコフィード製造の現場を見学した。

 エコフィードの原料は、パンのみみやヘタ(1㌧/日)、かつおのだしがら(150kg/日)
 菓子くず(3㌧/週)、麦茶かす(1㌧/週)、生めん(1.5㌧/日)、残飯(2㌧/日)等。
 面白いのはラムネ(250kg/週)。これは糖質として利用するそうです。

 ウエット(wet)な原料は乾燥処理(2㌧/日)されて、適切な配合のもとに子ぶた・おや豚用
 自家配合飼料として使われる。
 
 生めんや残飯(主にご飯)は加熱攪拌機で加熱処理(燃料は廃材利用)されてリキッド
 飼料になる。

 その他に発酵飼料も製造しており、乾燥パン粉・乾燥生地・生めん・ふすま・リンカル・
 乳酸菌と麹菌・発酵飼料戻しを原料に発酵させて利用している。

  エコフィード利用による養豚事業のメリットについて、関紀産業社長川上幸男氏は、

      エコフィードを有効利用すれば
      ”高く売れる豚 ”を生産できる!
 
 


     ① 飼料費が安い ⇒ 長期肥育が可能
              ⇒ ドリップが少ない(これってなんのこと?疑問 小寺)   
     ② 仕上げ段階で麦中心の飼料を与える ⇒ 肉色が浅く、サシがはいる 
     ③ 豚がリサイクルのに貢献できることをアピール
              ⇒ マスコミに取り上げてもらい、ブランド化をする

  と述べておられる。

  大阪での畜産業は、以前はとても盛んであったと聞いているが、現在は、ズーと
  低下したまま。何とか復興できないものか。

  都市化で、畜産場の確保の難しさ、飼料代の値上がり等々多くの問題があるかも
  しれないが、たとえば、畜産場については、まだまだ大阪にも田舎はある。
  飼料の値上がりは、まさしく、エコフィードで乗り切れる。

     大阪でも豚や牛、鶏を飼おうよ。     
 可能な限り畜産の地産地消も考えようよ。  
 
  最後に、豚の糞の堆肥場を見学した。

  糞は別の施設での水切り後、堆肥場に運ばれ、ピットに積み上げ、切り返しながら
  自然発酵を進め、数段階のピットを移動して最後の堆肥になる。
  これを別事業所で選定枝チップと混ぜて完全堆肥にしているとのことでした。
  堆肥場には、音楽が流れていたので誰が聞くのかと思ったら、カラス対策とか。
  カラスが嫌いな音楽ってあるの??カラスって音楽嫌い??

  見学を終えた後、法人の運営会議兼懇親会を犬鳴山温泉の「み奈美亭」で持った。
  湯量豊かな温泉に入り、美味しい料理と関紀産業自慢の豚のステーキを食べた。
  美味しかったよ。

  食べながら飲みながら侃々諤々(この表現正しいの?)の運営会議で、鶏は肉用か
  卵用がよいか とか 子ぶたが飼いたいとか・・・・

  その中から次回の活動11月27日が決まった。

     

テーマ:生ごみぐるぐる - ジャンル:ライフ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。